×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

内職 ブログ |アマゾナイト 天河石 googlelabs- youtube- アドワーズ- Google Earth - Google ツールバー Google Scholar
慶応大学- 東大- ハーバード

内職 ブログ |アマゾナイト 天河石


下記のリンク先には、
内職 ブログ
でお探しの方にもお勧め情報、その他の情報などがいっぱいです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

その他の情報


層序学

層序学(そうじょがく、英: stratigraphy)は、地質学のうち、地層のできた順序(新旧関係)を研究する分野。層位学(そういがく)ともいう。

層序とは文字通り「地層の順序」である。地層は本来、地層累重の法則に従って下から順に重なっていくものであるが、長い年月のうちに表面が植生に覆われて断片的にしか観察できなくなったり(露頭)、さらに地層そのものが変形したり(褶曲など)、断片化したり(断層など)、一部が失われたり(侵食など)するので、できたままの地層をすべて見ることは難しい。そこで断片的な情報から、元の地層の重なりを復元するのが層序学である。地層の新旧関係、また復元された地層の重なり、のいずれも層序という。

層序を復元するには、主に地質調査と地質図学(幾何学)の手法を用いる。露頭やボーリングコアで観察される地層の同定や新旧関係は、その地層の岩相や堆積構造、含まれる化石等から判断し、それでもわからない場合は、示準化石や放射年代測定により地層の時代を求めて新旧関係を判断する。この手法は、地層同定の法則と言われ、18世紀末、ウィリアム・スミスによって初めて用いられ、確立された。

層序学は、近代地質学の中で最初に確立した分野であり、地質学の中のいろいろな分野の基礎となるものである。たとえば、生物の進化を研究する場合、化石の新旧関係を判定するには、化石そのもの以外の方法(層序または放射年代)を根拠としなければならない。また、断層の活動履歴を調べる場合、元々の地層の重なりがわかっていないと、いつ、どのくらい動いたのかがわからない。

1905年(明治38年)、ニール・ゴードン・マンローは、横浜市ミツ沢貝塚を発掘したときに、「層序の区分は、おのおの異なる時代に堆積した証拠であり、遺物・土器は各層ごとに区別されねばならい」と指摘し、日本ではじめて「地層塁重の法則」を理解し、分層発掘を導入した学者である。



守護代 守護代の戦国大名化に伴い、守護級の格式を求められる大名家が増えていった。 その代表例は朝倉氏である。朝倉氏はそもそも、足利将軍家の有力一門で、代々三管領筆頭の地位を占めた斯波氏の被官であった国人の一人であった。応仁の乱では西軍に加担し、渋川氏から斯波氏を相続した斯波義廉を大将に守り立てていたが、東軍の総帥、管領 細川勝元の誘引により、東軍寝返りの見返りに越前守護に補任され、守護となった。しかし、旧主 斯波氏による訴えや幕府の斯波氏に対する同情から、しばらくの後、朝倉氏の守護職維持が難しくなり、三代将軍足利義満の次男で兄 足利義持に謀叛して倒れた足利義嗣の末裔が越前国に鞍谷御所と称し存続していたのを目につけ、斯波義廉の子に鞍谷御所を相続させて、足利義俊と名乗らせ、傀儡の越前守護に補任するよう手続きし、越前一国の実効支配を確保した。 出雲国の守護代 尼子氏も同国守護 京極氏の庶流であり、その重臣として出雲守護代を命ぜられた家であった。しかし、応仁の乱以降の戦乱において戦功を重ね、京極家中において実力を養うと主家を追い戦国大名化し、やがて守護の格式を手中にした。そもそも、出雲守護には代々京極氏が補任されていたが、京極政経に背いた尼子経久が主君を追い、出雲国を掌握し11カ国に拡がる大名へと成長していった。子の尼子政久が討ち死にしたため、家督を嫡孫に譲ると、経久は孫に将軍足利義晴の一字 晴の字を受けて尼子晴久と名乗らせ、また出雲守護補任を認めさせ、守護代から守護への格式へと家柄を向上させた。




静岡
求人 手作業
手作業 求人
即金ワーク
熊本
熊本
ブログ
長野
無料
無料
群馬
群馬
安全
千葉県
千葉県
沖縄
沖縄
自宅でできる仕事
茨城
でお小遣い
在宅バイト
在宅バイト
鹿児島
鹿児島
高校生
高校生
サイト
ビーズアクセサリー 募集
仙台
仙台
富山
富山
ボールペン
案内
横浜市
学生
横浜市
滋賀県
滋賀県
さいたま市
内職 鶴見区



内職 ブログ |アマゾナイト 天河石